上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さぁ、いよいよスタート地点に立ちました。

さっき点滴開始 


で、血の流れを良くする為の 『 弾性ソックス 』 を着用  


これは肺かん栓を予防する為。

弾性っていってもただの靴下みたいなんだけどって言ったら 『 太ってないし、たばこ吸わないから大丈夫でしょう 』 って。

体がぽっちゃりしてたりタバコ吸う人はリスク高いんだって

血の塊が肺の血管を詰まらせ・・・・・・ なんて事も。

昨日の入院の時点では、ただパジャマに着替えただけだったけど、3時間切りましたわぁ~。
スポンサーサイト
Category: 日常

経過

Comment (3)Trackback (-)
一晩中腕に巻き付いてた自動血圧計、足に装着していた空気圧のマッサージ機、尿管、点滴、背中に痛み止めの薬を流し込む管。

もう上から下まで管でグッチャグチャ

さすがに同じ体制ではキツいし、傷口の痛みこらえ寝返りしたくても、突っ張るし抜けるんじやないかとか、気になってあまり眠れなかった

そんな夜を過ごし迎えた朝、術後の経過も順調で、点滴と背中の管以外は全部外された

トイレもヨロヨロ自分で向かう。
最初はトイレまでの僅かな距離で気持ち悪くなるし、体中熱くなり脂汗が出てヒィーヒィー

回数重ねなんとかコツを掴む。

夕飯から食事も開始、と言っても流動食。

重湯、和風味の汁、牛乳、子供用リンゴジュース。
豪華ディナーだ(笑)


コータローはどうしてるのかって

旦那と旦那の妹が手分けして面倒見てくれてる。

でも今日39度超える熱が出て病床保育にお世話になった

利用せず過ごせる事を願ったけど、明日・明後日と診てもらう事にした。

いざという時のありがたい施設だ。

コータロー早く良くなれ、かあちゃんも頑張るから
Category: 日常
ご飯が形あるものに昇格


重湯 → 5分粥
ほうれん草のお浸し・かぼちゃの煮物・魚の煮付け・フルーチェ・牛乳。

やっぱ味ある物はええね~、モリモリ食べたよ

噛んで食べるって幸せ

後、シャンプーしてもらってスッキリ、サッパリ


コータローは今日も病児保育にお世話になっている

『 熱は39度台と高めですが、食事は5割食べミニカー走らせご機嫌さんですよ  安心して下さい 』と、様子を知らせるメールが施設から入った

メールってありがたい

熱があるから今日もコータローには会えない・・・・
Category: 日常
点滴おわ~り

背中に刺さってた痛み止めの薬もおわ~り

でもご飯は相変わらずおか~ゆ

そんなわけで、10日から刺さってた点滴の針も抜かれ、背中の細い管も抜かれ身軽になりましたわぁ~

ほんで創部テープも剥がさ~れ、今夜からシャワーOK

コータローも熱さが~り3日振りにごたぁ~いめ~ん

なんか顔がちょっと大人びてるぞ
熱だして知恵が付いたか
でも、間違いなくこの3日で母ちゃんの事は忘れてる風 ( 笑 )

元気いっぱいに走り回るコータロー 、きゃわい~わい

一緒に走り回れるのはいつの事ぞ~

コータローを抱っこしてるのはゆか ( 旦那の妹 )、R60にてモザイク
Category: 日常
身軽になったつか、『 どんどん歩いて下さいね 』の、どんどんとはいかないがのんびり院内散歩

6階にあるラウンジのソファーに腰掛け、グルリ窓の外を眺める

長く続く道路に忙しく走る車  

遠くには残雪輝く北アルプス  

そしてどの建物よりグンと背伸びしてる細く長いクレーン車のある辺りに我が家  


外の気温はどんなだろう、天気がいいから暑いのかな

木の揺れがほとんどないから 、風もないんだろうな。

そういえば今日、雲ひとつない

こんな日はなんとなく救急車の音も、パトカーの音もなく穏やかな1日に思える

久々の保育園、コータローは熱を出さずに夕方を迎えられそうだ
Category: 日常
ゆうべ突然大部屋へ引っ越し


415号室。


か細い声で一言挨拶を交わしたのみで、10時の消灯時間までなんの会話もなかった●さん。

手探りするように歩いていたから、視力はあまり良くないのだろう


既にカーテンを締め切ってる■さん、静か。

寝てるのかな・・・・と思ったらゆっくりカーテンを開け、かすれた声で名乗る。

つかやんも・・・・と思うや否やスゥーッとトイレへ

・・・・・・暗い雰囲気

入院生活が長いのか3段の引き出し式プラスチックケースが置かれ、物が整理しやすい空間が出来てる。

そして点滴を押しながらスゥーッと戻ると、数秒前とは別人のように喋り出す

まるでトイレで性格の早着替えでもしたかのように。

第一印象からは一転した


そして10時の消灯を迎え静まり返る。

突然時報

これは夜中に何度となく告げた。
思いついたかのように

●さんは目で確認が出来ず音声で確認するんだろう。


なかなか寝付けず、つかやんは本を片手にただひたすら読みふけっていた

普段は絶対自分から手にする事のないハードカバー、『 1Q84 』


入院は暇だろうからと持ってきてくれた。

自慢じゃないが読めない、と気持ちに感謝はし、バラバラとめくりながら気が遠くなる思いをした

案の定術後1日目、最初3ページで気を失った( 笑 )

でも徐々に気を失う事もなくなり、術後4日目ともなればこれまで見た事のない姿が完成

と言ってもまだ半分

でもつかやんを知るモノが聞いたらよく頑張った、やりゃ~出来ると誉めてくれるだろう

大部屋初日、時報といびきに包まれ『 青豆 』と『 天吾 』を行き来していた。

そして朝

今日からどんな入院生活になるのかな。
Category: 日常
入院から1週間
家族3人初めて揃ったよ~


普段旦那が仕事を終え帰宅するのは19時。

それからコータローが眠りに就くまであっという間だから、見舞いは手早く1人で。


土日も仕事をし、やっとの休み。

コータローと過ごせるやっとの時間

容赦なくあちこち探索するコータローに困り果てながらも、追う姿が微笑ましい


抹茶シフォンのクリームを口元につけたコータロー。
それを笑って見ている旦那。
そんな自分 ( 旦那 ) もつけてるぞと心で笑うつかやん・・・もつけていたかもしれない間抜けな家族


退院してもとの生活に戻ったらどっかお出掛けしよ~ね
バイバ~イ
Category: 日常
大部屋に移ると人の動きが多くなり賑やかになる

廊下の端からは赤ちゃんの鳴き声が聞こえ、懐かしい気持ちになる

デイルームでは産まれたばかりの赤ちゃんを、家族や友達が代わる代わる抱き、幸せに満ちた空気が溢れ笑いが響く


でも賑やかしい事ばかりではない・・・・

なかなか表には出て来ない悲しい事実も知ってしまう。


母に包まれたまま短い命に終わりを告げた。

僅か4ヶ月。

彼女は一晩カーテンを開ける事もなく、ただ静かに憤りない悲しみに更けっていたのだろう。
翌朝一言挨拶し退院した。


こちらも僅か4ヶ月。

シャワールームで突然の別れ。
世にデてしまったようだ。

彼女は人に会いたくなかった、今日 ( 胎児と ) 一緒に帰る・・・・・と話してくれた。

彼女らの辛さは計り知れなく重く深いものだろう。


つかも色々あったけど、コータローは無事生まれ今元気に走り回ってる
改めて命ある事に感謝した。
産まれてきてくれてありがとうと


・:*:・゜'★,。・:*:・゜'☆・: 彼女らに、早く生命(いのち)が舞い降りますように ・:*:・゜'★,。・:*:・゜'☆・:
Category: 日常
昼ご飯、カレーやった~

前の長い入院生活、メニューにはあったんだけど、部類が 『 妊婦・授乳食 』 っちゅ~のかな。

刺激物につきカーーーット
他にも、
アジフライカーーーット
焼きそばカーーーット
天丼もカーーーット

フライや天丼は揚げ物だからアウトなのはわかるけど、焼きそばはな~んで

今回それらは関係なく、入院生活初めてのカレー 、カレー

深みはない、むしろ物足りないような、でもちょっと懐かしい味わい。

野菜はサイコロのように細かく、まるでボ●カレーの具のように。

カレー自体は、スキー場の古びたロッジを感じさせる、そんなカレーだ。

退院したらうまぁ~いカレー食べに行こ~ っと。

あっ、病院のがまずかったわけじゃないからね
Category: 日常

退院

Comment (4)Trackback (-)
今日無事に退院する事が出来た


コータローの事でバタバタするのに、毎日来てくれたヨージ

おかん、田植えやほうれん草もスタートし、ばあちゃんも入院してて何かと大変な中、色んな気遣いありがとう

毎日保育園の送り迎えや食事にお風呂、コータローの母ちゃん代わりのゆか、ほんとに助かった~、ご苦労様

入院中お見舞いに来てくれたみんな
仲良くしてくれた同室の患者さん
お世話になった看護師さん


ほんとありがとう、感謝・感謝


さぁて、次の診察までは無理せずボチボチやりまっかぁ~
Category: 日常

撃沈

Comment (3)Trackback (-)

コータロー寝かそうと抱き上げた時、傷口蹴られた


いでぇ~~~~つかやん、KO


Category: 日常
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。